業務用エアコンの冷媒R32。環境にやさしく、使う人も快適に!

  • 公開日:2016年5月18日
  • 最終更新日:2019年7月31日

冷媒R32仕様の業務用エアコンは実力が高い!

業務用エアコンも「冷媒R32」という、言葉をよく見かけます。冷媒R32とはオゾン層を破壊しない、環境にやさしい冷媒のことで、オゾン破壊係数ゼロで、地球温暖化係数が低いという特徴があります。

業務用エアコンなどのフロンがオゾン層に悪影響を与えた

1990年前後から問題視されている地球温暖化。

業務用エアコンなどに入っている、フロンがオゾン層を破壊する可能性があるとして、1997年の京都議定書から規制が、全世界で行われています。

また、1985年のウィーン条約や、1987年のモントリオール議定書を受け、日本では特定フロンが全廃されています。

 

代替フロンが使われていた時期もありましたが、こちらも環境に悪影響を及ぼす可能性があるので、オゾン層破壊係数0の冷媒が開発されました。

これがHFC冷媒R32 で、一部例外の冷媒等を除いて、2020年までには過去に使われていたHCFC冷媒(R22など)の温室効果ガスは、ほぼ全廃予定だそうです。

 

業界で冷媒R32を初採用したダイキンの業務用エアコン

ダイキンの業務用エアコン「FIVE STAR」シリーズは、全機種に冷媒R32を採用しています。

ダイキンでは、業務用エアコンでは世界初で冷媒R32を採用したという話題の機種がこのシリーズ。

環境にやさしいだけでなく、省エネ効果にも優れていて、平成25年度、省エネ大賞受賞したという実力派の機種です。。

ダイキン製業務用エアコンはこちら

 

 

その他のメーカーも冷媒R32を採用している

いち早く取り入れたのはダイキンでしたが、今や各社取り入れている新冷媒R32。

三菱電機の業務用エアコンでは例えば「スリムER」シリーズ。

こちらは冷房も暖房もパワーアップし、外気温43度からマイナス5度まで、冷房、暖房力をキープする特徴があります。

エアコンコムでも取り扱っています。

三菱電機製業務用エアコンはこちら

 

 

これからどんどん暑い季節に入っていくので、新しく業務用エアコンを買い換えたいと考えている方は、冷媒R32仕様の製品を選んでみてはいかがでしょうか。

環境にやさしいだけでなく、使う人が快適に使える機能がたくさんあって、おすすめです。

 

エアコンコムへのご質問、ご意見、ご要望などお気軽にお問い合わせください。

0800-222-0960

受付時間 9:00~18:00(土日・祝日を除く)

047-442-0960

携帯電話の方はこちらからご利用下さい。

お問い合わせ・ご相談はこちら

Pocket

「業務用エアコンの選び方 」一覧に戻る

ページの先頭へ戻る