総合病院には、どんな業務用エアコンを選べばいい?

  • 公開日:2016年10月28日
  • 最終更新日:2019年8月7日

個室だから家庭用エアコンで代用…は損するかも?

幅広い年代の方が集まる総合病院では、細やかな管理と共に注意するべき点があります。
総合病院では個室の数が多いため、ひと部屋ずつ家庭用エアコンを設置されるケースがありますが、全室に設置すると電力不足に陥るため、おススメできない方法です。

では、総合病院ではどんな業務用エアコンを選べばいいかポイントをご紹介しましょう。

電力の供給源、契約アンペアを確認しましょう

総合病院

総合病院は、全体の床面積は広いですが、病室やナースステーション、検査室、処置室、待合室、診察室など小区画に分かれた構造。

よって、空間を冷暖房するのにそれほど大きな馬力を必要としないため、
個室単位で考えれば家庭用エアコンの能力でも十分です。

しかし、全ての病室に100V電源のエアコンを導入した場合、電力不足の問題が発生します。

特にリニューアルで元々の大型設備を改修せず、一部屋一部屋故障するたびに家庭用を増設していくと
、単相での契約アンペア数が大きくなり、基本料金も跳ね上がっていきます。

これを回避するためにも動力電源を使用し、各個室に分流対応が可能なマルチタイプの業務用エアコンを採用するのが良いでしょう。

総合病院向け業務用エアコンとおすすめポイント

  • 総合病院には、「ビル用マルチエアコン」がオススメ!

小区画に分かれた構造の総合病院では、室外機1台に対して室内機1~1台という、小規模~中規模物件向けの業務用エアコン規格はマッチしません。

オススメは、「ビル用マルチエアコン」。

室外機1台に対して最大16台の室内機を制御できますから、総合病院にピッタリです。

 

  • 「冷暖房フリーシステム」で、各個室で冷房、暖房を切り替えられる!

通常の空調システムは、冷房か暖房、どちらかしか選べません。

でも、冷暖房フリーシステムを採用すれば、各個室で自由に冷房、暖房を切り替え可能。

様々な患者さんが入院されている病棟でも安心ですね。

 

  • 「集中管理コントロール機能」で、冷え過ぎ・温まり過ぎを防ぐ!

各個室で患者さんによるリモコン操作ができてしまうと、冷え過ぎ、温まり過ぎが気になりますよね。

そこで、活用したいのが、温度調節やオンオフ切替、冷暖房切り替えなど接続系統全てのモニタリングやコントロールが一か所からできる集中管理コントロール機能。

個室でのリモコン操作の「許可/禁止」をナースステーションや空調管理室から設定できます。

故障してからでは遅い!業務用エアコンの更新はお早めに

総合病院病室

総合病院の業務用エアコンは、患者さんの体調管理に欠かせないものです。

設備の使用頻度や一日当たりの稼働時間によって誤差は生じますが、空冷式のエアコンの耐用年数は約10年。

これを念頭に置いた業務用エアコンの更新計画を作り、壊れる前に取り換えることが肝心です。

 

エアコンコムでは、ベッドが満床になっている場合でも、綿密な打ち合わせを基に施工計画を立てています。

エアコンを使う真夏、真冬は避け、空調がなくても比較的過ごしやすい時期に、施工を行います。

また、入院病棟もある総合病院は24時間人がいる場所なので、音出しを制限したり、防音措置を取ります。

施工を無音で行うことは不可能ですが、少しでも音が出るのを抑えるため、後で取り外しのできる簡易的な壁を設置し、目張りをしています。

病院での施工事例も多数あるエアコンコムに、ぜひお任せ下さい。

 

納入と設置をさせていただいた病院

  • 千葉 亀田総合病院
  • 東京 東邦大学医療センター大森病院
  • 千葉 新鎌ヶ谷総合病院
  • 千葉 東邦鎌ケ谷病院
  • 千葉 千葉病院
  • 千葉 女子医大

以上の総合病院にて納入と設置をいたしました。
その他にも、沢山の病院・医療系施設に設置をさせていただいております。

総合病院向けに導入されたお客様からのお声はこちらからご覧ください。

エアコンコムへのご質問、ご意見、ご要望などお気軽にお問い合わせください。

0800-222-0960

受付時間 9:00~18:00(土日・祝日を除く)

047-442-0960

携帯電話の方はこちらからご利用下さい。

お問い合わせ・ご相談はこちら

Pocket

「業務用エアコンの選び方 」一覧に戻る

ページの先頭へ戻る