1. リース契約のメリット・デメリット

リース契約のメリット・デメリット

「業務用エアコンを入れ替えたい。でも急な多額の出費はちょっと…」
そんな理由で入れ替えを諦めてはいませんか?
そんな方には初期費用0円!メリット豊富なリースでらくらく♪入れ替えをおすすめいたします!

リースご利用でのメリット

リースで業務用エアコンを導入することにより、たくさんのメリットを得ることができます。
コピー機などと同じ感覚で、今は業務用エアコンをリースで導入する方が増えています!

ラク

一度に多額の資金が必要ない

月々のわずかなリース料の支払いなので、一度に多額の購入資金を準備する必要はありません。
実質初期費用0円!で、業務用エアコンを導入、入替することができます。

賢い

経費処理ができ、節税効果も

リース料は税制上、必要経費として処理ができ、節税効果があります。
※会計処理については税理士・会計士にご相談下さい。

賢い

銀行の借入枠が温存できる

リースは【借入れ】ではないため、長期の資金導入と同じ効果を持ちながら銀行の借入枠に影響を与えません。

安心

万一の場合、動産保険で安心

万一、火災・水害・落雷・爆発などで物件が破損しても保険金がおりるので大きな損害を受けずに済みます。

ラク

取付工事費もリースができる

意外と知られていませんが、機器を含め、工事費などトータル金額をリースに組み込むことができます。

トク

修理費が何度でも無料

安心保証リースをご利用の場合、リース期間中なら突発的故障などの修理費用が無償になります。

安心保証リースについて

ラク

管理義務の合理化

資産管理などの複雑な償却計算、財務管理が不要です。

初期費用0円!! 修理費0円!毎月一定の金額で最新エアコンに入替え!

電気代削減でリース料がまかなえる!?

最新省エネエアコンなら電気代が大幅削減!
リース料の実質負担額も更に安くなります

電気代削減でリース料がまかなえる!
時にはおつりが来ることも!?

節電機能も快適性もアップ!

最新の省エネエアコンはとっても快適!
節電機能も更にアップしました。

人感センサーや風向独立フラップなど、風が直接当たらない!
リモコンはボタン一つで簡単節電!

※安心保証リースご利用時。

リースご利用のデメリット

メリットがあればデメリットもあります。
リース契約のデメリットについても知った上でぜひご検討ください。

デメリット

中途解約ができない

業務用エアコンのリースはレンタルと違って一般的には途中解約ができません。
満了時までお使いいただかなければなりませんが、初期費用が無料となっております。
※一般的な例です。契約内容によって異なります。

デメリット

一括購入に比べて支払い総額が割高になる

リース契約を行う場合はリース料率が発生いたします。リース料率とは、物件金額に対して毎月お支払いただくリース料の割合[リース料率=月額リース料÷物件金額(%)]のことをいいます。
料率は物件金額・リース契約年数によって異なります。したがって、一括購入よりも支払総額が割高になります。同じ物件であってもリース期間が短くなれば月々のお支払額が高くなり、リース料率は高くなります。

デメリット

業務用エアコンの所有権が移転しない

リース契約にて導入した業務用エアコンの所有権は、終始リース会社にあります。
しかし、契約満了後に再度リース契約を組んでいただくと、リース料は大幅にお安くなります。

リース・レンタル・購入を徹底比較

「業務用エアコンには、リース・レンタル・購入があるけれど、どれがお得?」
「そもそもリースとレンタルの違いは何?」「リースに向いている業種ってあるの?」
そんな、リース・レンタル・購入に関する疑問にお応えいたします。

  • ※エアコンコムではレンタルは取り扱っておりません。

リース・レンタル・購入…結局どれがお得?その差を徹底比較

ページの先頭へ戻る