1. 業務用エアコンのエアコンコム
  2. 業務用エアコン大百科
  3. その他の質問
  4. 不要になった業務用エアコンを正しく処分するには?

不要になった業務用エアコンを正しく処分するには?

  • 公開日:2016年4月22日
  • 最終更新日:2019年8月15日

処分の仕方を間違えると50万円以下の罰金に!

業務用エアコンを新しく買い替える時、これまで使用してきた古い業務用エアコンはどうやって処分すれば良いのでしょうか?業務用エアコンは独自の段階を経て処分される製品です。その方法を正しく行わないと、法律違反を犯してしまいます。

意外と知らない業務用エアコンの処分方法

業務用エアコンが不要になっても、処分方法がわからないという人がほとんどだと思います。

そんな時「自宅のエアコンを処分したことがあるから大丈夫」「適当に業者に頼めばいいや」という考えはちょっと危険です。
家庭用エアコンと業務用エアコンの処分方法は全く異なります。

そのため、依頼する業者選びも違います。まずは、業務用エアコンと家庭用エアコンの処分の違いを把握しましょう。

正しく処分しないと法律違反になってしまうので注意

業務用エアコンの処分方法は「フロン回収・破壊法」という法律で定められており、産業廃棄物取扱業者が行います。

これに対して、家庭用エアコンは「家電リサイクル法」という法律に基づいて、一般廃棄物処理業者が行います。

業務用エアコンの場合は、中にあるフロンガスを適切に回収・処分する必要があるため、必ず産業廃棄物取扱業者に依頼しなければいけません。

たとえ個人で使用していたものでも、家庭用エアコンと同じように処分することはできませんし、自力で取り外して処分すると法律違反になることを覚えておきましょう。

業務用エアコンの正しい処分の方法とは?

業務用エアコンを正しく処分するに、まずは産業廃棄物取扱業者を探します。取り外しから処分まで、作業は依頼した業者に全て任せます。

エアコン工事

業務用エアコンの持ち主がするべきことは、正しく処分できる業者を選ぶことだけです。市区町村のホームページに掲載されている「自治体に登録されている業者」であれば安心できますが、念のため正しく処分を行ってくれるか確認しましょう。
処分について少しでも不安なことがあれば、エアコンコムまでご相談ください!

もし、依頼した業者が正しく処分しなかったら?

依頼した業者が、業務用エアコンを放置したり、正しく処分しなかった場合はどうなるのでしょうか?

もしフロンを放出させてしまったら、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられます。そして、罰則が課せられるのは、業者ではなくエアコンの持ち主である依頼人です。
無許可の業者に依頼してしまった、間接的に法律違反をされてしまったなど、処分を巡るトラブルを避けるためにも、必ず信頼できる業者さんに依頼しましょう。

書面を残してトラブルを避けよう

しかし、上記のフロン排出。業者が作業中に排出してしまった場合は、業者に罰則がかかります。
その時、罪を逃れようとする業者でうやむやにされることも想定しておいたほうが安心です。

正しい手順で廃棄を行う工程管理表をもらい、ちゃんと工事を行ったと書面に残してもらうようにしましょう。

 

 

 

廃棄の心配をしたくないならリースがオススメ

廃棄するには手間がかかりそうだと思った方は、リースという手があります。

エアコンコムでは業務用エアコンも販売していますが、リースも行っています。

工事費や修理代もがリース代に含まれているので、初期のコストを大幅に抑え、安心して業務用エアコンを使いたい方におすすめです。

 

▼エアコンコムのリースについて

https://www.airizm.com/advantage/lease/

 

 

エアコンコムへのご質問、ご意見、ご要望などお気軽にお問い合わせください。

0800-222-0960

受付時間 9:00~18:00(土日・祝日を除く)

047-442-0960

携帯電話の方はこちらからご利用下さい。

お問い合わせ・ご相談はこちら

「その他の質問 」一覧に戻る

ページの先頭へ戻る